Bustamante VS Pagulayan 2007 part1





ビリヤードの世界のトッププレイヤー動画
今回はアレックス・パグラヤンVSフランシスコ・ブスタマンテの試合を解説していきたいと思います。序盤はブレイクランアウト多く、後半は
セーフティの場面が多いため、バランスがよく参考になる動画です。



RACE TO 7 交互ブレイク


第1ラック
ブスタマンテのブレイクでスタート。薄い1番ミス
パグラヤン、2番からの出しが少々ミスするも、コンビで見事リカバーし、とりきり。1−0

第2ラック
パグラヤン、ブレイクランアウト。2−0

Bustamante VS Pagulayan 2007 part2





第3ラック
ブスタマンテ撞きづらの1番を沈め、ブレイクランアウト。2−1

第4ラック
省略されています。3−1

第5ラック
ブスタマンテ、ブレイクランアウト。3−2

第6ラック
パグラヤン、ちょっと難しい配置。がブレイクランアウト。4−2

Bustamante VS Pagulayan 2007 part3





第7ラック
ブスタマンテ、ブレイクノーイン。
パグラヤン、キャノンショット1−7の後、問題なくとりきり。5−2

第8ラック
パグラヤン、とりだし見えずシュートアウト。
ブスタマンテ、セーフティ。
パグラヤン、アンドセーフ成功。
ブスタマンテ、ジャンプショットでシュートを狙うが失敗。
パグラヤン、残り球悪いため、セーフティに行くが、失敗
残り球をブスタマンテ取りきり。5−3
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。