【ワールドプールリーグ2002】エフレン・レイズVSアール・ストリックランド

ビリヤードのトッププレイヤー二人の対決です。
今回のカードはエフレン・レイズ対アール・ストリックランドで、
ワールドプールリーグ2002の動画です。
フォーマットはナインボールの10ラックの対決です。
予選なので、5対5の場合は引き分けになります。

それではどうぞ。














ビリヤードの練習はもうやめろ

世界のビリヤード 世界最強対決  1/7





世界のビリヤードトッププレイヤー、エフレン・レイズVSアール・ストリックランドの対決を解説して
いきたいと思います。この対決はビリヤード史上、一番ドラマチックな対決だと思います。
ビリヤードをする方、そうでない方にもおススメの動画です。

RACE TO 13 GAME STAET!!

第1ラック
04:30あたりからストリックランドのブレイクでスタート。ブレイクノーイン。
レイズ、そのままとりきり裏マス。1−0


第2ラック
エフレンレイズ、ブレイクランアウト。2−0


第3ラック
エフレンレイズ、ブレイク場外でファール
ストリックランド、フリーボールからとりきり。2−1

世界のビリヤード 世界最強対決  2/7




第4ラック
ストリックランド、1番見事な腹きりバンク、そのままブレイクランアウト。2−2


第5ラック
ストリックランド、ブレイクノーイン
エフレンレイズ、難しい2−9コンビ成功。3−2

第6ラック
エフレンレイズ、ブレイクエース。4−2
ちなみにブレイクエースはほとんど、運です。というか審判にラックミスが一番の原因です。

第7ラック
エフレンレイズ、ブレイクノーイン。
ストリックランド、撞きづらの一番をミス。
エフレンレイズ、そのままとりきりと思いきや、6−9コンビをミス
ストリックランド、残り球を取りきり。4−3

第8ラック
ストリックランド、ブレイクランアウト。4−4
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。